ゲームの話になりますが、スターウォーズバトルフロントの先行配信でもある新マップ。ジャクーが登場。そして新ゲームモードも追加されました。

EP7の舞台である惑星ジャクーが追加

さて30代半ばで結婚に焦っているにもかかわらずスターウォーズバトルフロントにハマっていますが、この度、新マップとなる惑星ジャクーが追加されました。これはDL版予約者、またはパッケージ版のデラックスを購入している人だけ通常配信よりも1週間早いプレイができるようになっています。いわゆる先行配信。同時にアップデートパッチも当てられて少しゲームバランスも変わったように感じています。

惑星ジャクーは今度放映されるスターウォーズEP7の舞台となる惑星となっており、ゲーム設定ではEP6から1年後の惑星ジャクーが描かれています。スターデストロイヤーが砂漠地帯に落ちていたり、多少の障壁物があったりとあたり一面は砂漠地帯のマップです。意外と奥まで見通すことができるマップになっているので長距離が強いブラスターの方が有利に感じています。ただし、近接戦もあるので長距離&高レートのRT-97Cが大活躍してくれています。

私個人としては市街地戦がやりたいのでそういったマップの追加も欲しいのですが、とりあえず今後はローテーションに一つマップが追加されるとなるとまた面白みがますのでOK。今後もDICEは無料DLCを複数追加していくとアナウンスもあるので市街地マップに期待しています。

新ゲームモード・ターニングポイントが追加

新マップと同時に新ゲームモードであるターニングポイントが追加されました。これは攻撃、防衛と別れて指定箇所の制圧をするゲームです。現在はジャクーのみでしかターニングポイントはできませんが、スプレマシー、ウォーカーアサルトとはまた違ったゲームの楽しさがあります。私個人はウォーカーアサルト派なんですよね。WAばっかりやっています。

12月8日は購入者全員がDLできるようになるのでターニングポイントのルールで他のマップも開放されてくるのか注目が集まっています。現在は惑星ジャクーを追加したマッチングを行うとけっこうマッチング率が悪かったりするのでこの改善はしてほしいところ。ジャクーを抜いた通常マップのみのマッチングであれば即マッチするので過疎とは無縁の状態です。

MENU

Copyright (C) 30代半ば、後が無い男の婚活ブログ All Rights Reserved.